胚芽米-福島県 会津産こしひかりを使用したはいが精米を販売
福島第一食糧卸協同組合

サイトマップ
HOME商品紹介組合の紹介リンクお問合せ

HOME>「胚芽米生誕80年記念80名様プレゼント」キャンペーン

 

「胚芽米生誕80年記念80名様プレゼント」キャンペーン

(プレゼントは終了しました)

胚芽米は1927年(昭和2年)に東京帝国大学医学部で脚気病治療用に島薗教授によって開発

されました。

当時、治療法がわからずに、年間2万6千人(大正12年)もの死者を出した「脚気病」は、「国を

滅ぼす」とまで恐れられていました。この「脚気病」の原因をビタミンB1の不足と突き止め、ビタ

ミンB1を白米より3倍も多く含む「胚芽米」を食べさせる事で、東大の大学病院に入院中の患

者の「治療」をし成果をあげたのが、胚芽米の始まりです。

以来、脚気病の治療時代から、生活習慣病の予防へと時代は進み、、国民の健康増進に寄与

し続けて来た「胚芽米」は、今年で生誕80年を迎えます。

戦後いち早く「胚芽米」の製造に着手し、最近では「第3世代の胚芽精米」を開発するなど、常に

胚芽精米業界をリードしてきた、福島第一食糧では、生誕80年を記念し、「80名様に胚芽米を

プレゼント」キャンペーンを企画しました。奮ってご応募ください。

詳しくは キャンペーン申し込みは こちら (プレゼントは終了しました)

 

 
福島第一食糧卸協同組合 福島県福島市方木田字仲田23-3 TEL.024-546-3535(代表)
Copyright 2006 daiichisyokuryouorosi kyoudoukumiai.All rights reserved